危険性は低いがゼロではない、治験はローリスクハイリターンなバイトです。

高額な収入が期待出来るバイトの一つに治験があります。

新薬の効果や安全性を確認するために行われるのですが、中には日給が数万円になるようなモノもあります。

 

これはとても魅力的ではありますが、この高給さから逆に身の危険を感じて躊躇してしまう方も少なくありません。

 

治験のバイトは危険なのか安全なのか?

そう聞かれれば答えは、「かなり安全」となります。

 

新薬を開発していくうちに様々な方法で安全性は確認されていますので、治験を行う段階である程度の安全性は保証されています。

ですが、危険性が全く無いわけではありません。

それを確認するために行われるのが治験なのですから。

 

治験を申し込んだ後の説明段階で起こりうる副作用などについては説明をしてもらえます。

それを理解した上での仕事となりますので、その段階で不安を感じれば辞退することも可能です。

 

治験には健康な方が対象のモノや、指定の症状を抱えている方が対象のモノなどがあります。

まずは健康な方を対象に治験が行われ、その後に症状を抱えている方が募集されます。

 

段階が進む程に安全性が高くなりますので、その辺りを考慮して参加する治験を選ぶことも出来ます。

また、中には実際の薬が投与されず何の効果もないダミーが投与されることもあります。

これは思い込みでの症状改善との差を見るためなのですが、バイトついでに抱えている症状を改善してもらおうと思っている方は注意が必要です。

 

必ず安全とは言い切れませんが、みなさんが思っているほど怖くはない。

そして、思ってた以上に多くの収入が得られる。

それが治験なのです。